誰かのためにブログ

現介護士がいろいろな事を発信していく雑記ブログ

病は気からは本当にあると思う。実体験。

病は気からって皆さんはどう思いますか?

 

病は気からとは

「病気は、その人の心の持ち方しだいで軽くもなるし、また重くもなるということ。」

   デジタル大辞泉より引用。

 

この意味のように僕はまさにその通りだと思う体験をしました。

 

今回は身内(祖父)に起こった実体験を元に記事を作成していきます。

 

 

 

f:id:kabukimonoo:20190207013918j:plain

 

目次

 

 

 

祖父が肺がんになった時の話

 

祖父肺がんがみつかる

きっかけは病院での検査結果で肺に影があると医師に言われ、十中八九癌だと思われると。

精密検査の結果、肺癌が確定された。

 

この時、医師の話では肺に小さい癌が複数あるのと、祖父が高齢だった為、手術はできないので放射線治療をしていくとの事だった。

 

手術はできないが高齢なので進行も遅く、うまく長く癌と付き合っていくことが大事との説明を受けた。

実際に高齢者で癌とうまく付き合っている方もいるそうです。

 

癌申告を受け、鬱になる

癌申告を受けてからの祖父はまるで活気がなくなってしまいました。

それまでしていた車の運転や趣味の釣りなどをする気力もなくなってしまい自分の部屋に籠ってしまいました。

 

少しでも気を紛らわせてあげればと家族で話をかけたり無理のない程度に外に連れ出したりと協力していきましたが鬱は一向に良くなりませんでした。

 

僕の父は大腸がんで他界しており、余命宣告を受けた時に母に「ビルから飛び降りてしまいたい」と話をしていたのを思い出しました。

やはり、実際に癌になった人でないとこの気持ちは分からないのかもしれません。

 

数か月後の癌の進行状態

癌の申告を受けて数ヵ月。

医師の診断は驚くものでした。通常ではありえないような速度で癌が進行していると医師から告げられました。

 

医師からは鬱になり、身体の免疫低下により癌の進行が進んだものと思われるとの事。

この時僕は、「病は気から」は少なからず本当にあるんだと祖父の実例から実感しました。

 

 帰り山観音の水を汲みに行った時の話。

これは福井県敦賀市にある飲むと「癌が治る」という湧き水を汲みに行った時の話です。

最初に行ったのは父親が癌になった時でした。余命宣告を受けたのですが、どうしても父親に死んでほしくなかったし何か少しでも出来ることがあればしたかったという思いからでした。

 

その時の記事です。 

  

www.darekanotameni.com

 

プラシーボ効果

 

 

プラシーボ効果とは

偽薬(ぎやく)は、本物の薬のように見える外見をしているが、薬として効く成分は入っていない、偽物の薬の事である。成分として少量ではヒトに対してほとんど薬理的影響のないブドウ糖や乳糖が使われることが多い。プラシーボ(英語: placebo 英音: [pləˈsiːbəʊ] 米音: [pləˈsiːboʊ] [plæˈsiːboʊ])、プラセボ(フランス語: placebo [plasebo])ともいい、いずれもラテン語: placēbō [plakeːboː] プラケーボー(「私は喜ばせる」の意)に由来する。医学・薬学では「プラセボ」を用いることが多い。

    ウィキペディア(Wikipedia)より引用 

 

上記に記載した帰り山観音の水は実際に汲みに行った時の話で末期がんで余命宣告を受けたが癌を克服できた方とお会いできた。

 

その末期癌を克服できた方は、毎日「絶対治してやる!負けるものか」という強い気持ちで 水を飲んでいたと言います。

 

気持ちの持ちようで病気の進行が変わったり 治らないものが治ったり改めて「病は気から」とは大事な事なのだと実感させられました。

 

 最後に

 

僕はこれまでに父親、祖父を癌で亡くしてきて感じた事はもう少し気持ちの面で不安や恐怖を取り除いてあげることができれば結果も変わっていたのではないかと思いました。 

そうなった人でないと分からないのかもしれませんが。 

 

もし家族が重い病気にかかってしまったら 

松下幸之助さんの言葉で「焦らず、あわてず、あきらめず」 という言葉を思い出してください。

 

癌の宣告を受けた本人はまず焦ります。命の危機を感じ、冷静な判断ができなくなり日常生活が困難になります。そんな時はせめて家族であるあなたが落ち着かなければいけません。

 

僕の父や祖父は癌告知を告げられあきらめてしまっていました。

難しいかもしれませんが本人、家族共にあきらめずにいれる気持ちが大事なのだと知ってほしいです。

かならず何かできる事はあるはずです。