誰かのためにブログ

ほんの少しでも誰かのために役に立てれば良いかなーと。雑記ばらんに発信していく。

小規模シェアハウスに実際に1年間住んでみた!メリットデメリット選ぶ際の注意点は?

近年テレビなどで取り上げられているシェアハウス。僕も数年前に約1年間程利用していた事がありました。実際に色々なシェア物件を見学して住んでみた体験をもとにメリットやデメリットを記事にしていきたいと思います。

 

f:id:kabukimonoo:20180323012607j:plain

 

読みたいところだけどうぞ

 

小規模シェアハウスとは

ここでいう小規模シェアハウスとは

  • 入居人数10人以下
  • 男女入居可能(外国人可)
  • 完全個室
  • 日本家屋(リホーム、リノベーション済み)

 

小規模シェアハウスに住むメリット

 

f:id:kabukimonoo:20180323035802j:plain 

費用が安い!

これは小規模に限ったことではなく中規模、大規模ともにシェアハウスに住む最大のメリットと言ったらやっぱり費用が最小限に抑えられる事です。実際に僕が住んでいたシェアハウスの住人達も8割が「引っ越す費用を抑えたかった」という声が多かったです。

僕が利用していたシェアハウスは敷金礼金、保証金、事務手数料など一切料金はかかりませんでした。

 

家具や家電が揃っているのですぐに生活できる

完全個室の部屋にはミニ冷蔵庫、TV、エアコン全て揃っており、共用部のリビングやキッチンにもそれなりの大きさのTVや冷蔵庫、エアコン、洗濯機、乾燥機が完備されています。1人暮らしをする際なんかにかかる初期費用なんて少し家具なんかを揃えただけで10万、20万飛んでしまうのでとても助かります。無料の無線LANルーターやPCがあるのでネットも使い放題です。

入退去が楽

入居するときは費用がほとんどかからないけど退去する際も約1ヵ月前ぐらいに申告しておけばすぐに退居できます。人間関係がうまくいかなかったり、一人暮らしをしたくなった時など。

ただ、シェアハウスによっては3ヵ月以上とか、半年以上は済まないと料金が発生するところもある(1万~2万程度)のでその点は注意がひつようです。

 

出会いがある

シェアハウスには年齢層や性別、国籍も様々な方がいるので色々な話を聞けて勉強になります。あまり人と話すのは得意ではないという人でも向こうから積極的に話しかけてくれる事もあるのでコミュニケーション力を上げるには丁度よい。海外の方の話なんかを聞けるチャンスでもあります。また、男女が一つ屋根の下で暮らしているので恋に発展することもあります。

 

小規模シェアハウスのデメリット

f:id:kabukimonoo:20180323035801j:plain

シャワータイムが被る

普通の生活をしていればお風呂に入る時間は夕方や寝る前ですよね?

18時~22時になると皆お風呂を使用したいので込み合います。僕なんかは朝風呂派で仕事前に入りたいので朝仕事前に風呂場に先客がいるともう最悪です。自分の好きな時間に風呂が入れないのには不自由さを感じました(共同生活なのでしょうがないのですが)

 

抜き打ちで自分の部屋を開けられる事もある。

シェアハウスによっては抜き打ちで部屋を開けられるところもあります。

プライバシーゼロみたいに思うけど、これは部屋をずさんに使用する事を防ぐためらしいです。シェアハウスによっては管理人が予め前もって言ってくれるところもあります。

 

破局した時気まずい

シェアハウス内でカップルになると別れた時気まずくなり、どちらか片方が退居するなんて事もありました。メリットで挙げたとおり出会いがあるシェアハウスだけど別れたら居づらくなります。もちろん長く続いてそのまま2人で部屋を探して退居する方もいました。

 

小規模シェアハウスを選ぶ際の注意点

入居の際にちゃんとした契約書を提示してくれるところ以外はNG

シェアハウスを提供している会社の中には一切の契約書たるものがなく適当に管理しているところもある。僕がシェアハウスを利用する前に何件か見学に行ってきた中で凄かったのは完全個室で歌っているのにドミトリー(一つの部屋に2段ベットが2つあるようなタイプ)だったり、ハウス内に入っただけで異臭がするようなとても普通に住めるような環境ではなかった。サイトの画像だけで判断するには注意が必要です。

契約書がないと何かあった時トラブルになるのでしっかりと管理されている運営会社で決めることをおすすめします。

 

小規模シェアハウスはこんな人が多かった

恋人と別れて家を追い出された

スピーディーに入退去ができるので、恋人と同棲したはいいが結局別れて住む場所がなかったのでシェアハウスに決めた(追い出されてはないけど実際に僕もそうでした。)

学生も何人かいた

男女共同なので若い女性なんかいないだろうと思ってたけど以外に学生や海外からの留学生が使用している。学生さん達は親に負担をかけたくないのでシェアハウスに決めたのも理由の一つらしいです。

 

簡単にまとめると 

  • シェアハウスの最大のメリットは費用を小規模、大規模問わず費用をかなり安く抑えられる。
  • 突発的に住むところを探さなくてはいけなくなった時に住む環境が整っているからすぐに生活できる。
  • 1人はイヤ!出会いを求めている。でも自分の時間も大事にしたい。そんな時は小規模シェアハウスで決まり。
  • サイトの画僧だけで判断しない。
  • 見学や契約をする際はちゃんとした契約書を提示できるまっとうな所で契約しよう。
  • 完全個室が良い。(ドミトリーはあまりおすすめしない)

最後に

いかがでしたか?実際に約1年住んでみて僕の場合は賃貸に移りましたが、意外と楽しかったです。僕が利用していた小規模シェアハウスにはもう何年も住んでいる方も数名いました。合う合わないもあるかもしれないけど1度はこんな体験もありかなって思いました。

これからシェアハウスを検討されている方に少しでも参考になれば幸いです。