誰かのためにブログ

ほんの少しでも誰かのために役に立てれば良いかなーと。雑記ばらんに発信していく。

ピジョンの自動さく乳器が便利すぎた(嫁が)ので紹介してみる

先日我が家では新しい命が誕生しました。

産まれてからは母乳やらオムツやらと、とても忙しい日々がはじまり夫婦で協力しあい何とか生活しています。

今回は嫁がアマゾンで購入したさく乳器がとても使い勝手が良かったので紹介していきたいと思います。

 

ピジョン さく乳器【自動】

f:id:kabukimonoo:20171211230613j:plain 

f:id:kabukimonoo:20171211223324j:plain

さく乳とは

【自分で母乳を搾る】との事。

 

初めての子育てで【さく乳】をするなんて事を知ったのは嫁が出産後に入院していた病院での事でした。

出産後すぐには母乳が出ないようでマッサージをしたり、病院で手動のさく乳器を借りて哺乳瓶で授乳していました。

 

さく乳器を使う理由

使用する理由は数多くあるのかもしれませんが病院で学んだ事をお伝えします。

●おっぱいの張りや痛みを予防する。

●乳児がうまく母乳を飲むことができない場合に使用する。

●さく乳して母乳を保存して使用できる。

 

さく乳器【電動】にした理由

病院で手動のさく乳器を使っていた時は30分近くかかってやっと一回分の母乳が搾れていました(さく乳量は個人差があるそうです)

 

手動は手間も時間もかかります。

 

そこで嫁がアマゾンで電動のさく乳器を見つけて購入したところ、電動では10分程度で手動と同じくらいの量が出ました。

 

電動は自動で手間いらず

【電動タイプのメリット】

・手間がかからない

・時間がかからない

・疲れない

【電動タイプのデメリット】

・手動タイプより価格が高い

 

結果購入して良かったが、前もって購入すべきではない

さく乳器は色々な種類や機能(強さの調節など)があり、とても便利な道具だという事が分りました。

ただ必ず必要かというとそうではないかもしれません。

病院の看護師から聞いた話だと母乳は個人差があり、出るまでに時間がかかる方やほとんどでない方もいるそうと。

なので出産後に購入を検討しても遅くはないと思いました。

 

さく乳した母乳の保存のしかた

保存期間(目安であり、品質を保証するものではありません)

 

さく乳直後の母乳は冷蔵保存(4℃以下)だと24時間

冷凍保存(約-18℃)だと3か月(推奨)

 

解凍した母乳も冷蔵保存(4℃以下)だと24時間

※湯せんした場合は再保存できないとの事です。 

 

冷凍母乳の解凍方法

・40℃前後のぬるま湯で湯せんする。

・冷蔵庫に入れる。(解凍開始から24時間まで)

・流水をあてる。

 

授乳適温にする方法

・解凍方法と被りますが、40℃前後のぬるま湯で湯せんする(人肌程度)

 

 

 

保存中に母乳が分離する事がよくありましたが栄養成分に影響はないとの事でした。

また、おでかけの際は、冷凍状態で持ち運ぶことをお勧めします。

夏場なんかはこわいですので。。。

 

 最後に

今回は私が体験した中でほんの少しの知識ですが記載させていただきました。

嫁が出産してあまり力になれているかわかりませんが今後も少しづつ知識をつけ協力していきたいとおもいます。

今後も子育てをする中で役に立った物や少しでも誰かのためになるような事を発信していければと思います。