誰かのためにブログ

ほんの少しでも誰かのために役に立てれば良いかなーと。雑記ばらんに発信していく。

介護職してると腰痛持ちになる

介護士(5年目)をしています。たこやきです~

今回は私が介護職をしていく中避けて通りたかったけど避けられなかった~。。

【腰痛】に関して発信していきたいと思います。

誰かのために少しでも役に立てば幸いです。

 

f:id:kabukimonoo:20171119020219j:plain

 

腰痛は介護職の職業病

といっても過言ではありません。

私の働いている施設でも半数以上の方が腰痛に悩んでいます。

 

私は介護職に就くまで腰痛になった事は一度もなく、趣味で筋トレをしていた事もあり、足腰には自信がありました。

しかし、

2年目から徐々に腰痛が現れはじめ、酷い時には起き上がれないほどの痛みを伴うようになっていました。

 

介護現場には腰痛の原因になりそうな業務が沢山ある

 

オムツ交換や入浴の手伝いの際、中腰になったりなど腰への負担が多く常にギックリ腰になるリスクを抱えています。

 

この業界に入ってはじめ、特にきつかったのは入浴介助で入居者を浴槽へ移動する際、かがんで体を支える必要があるため、とても腰に負担がかかりました。さらに中腰の姿勢から急に動きを変えようとしてギックリ腰になった経験もありました。。


介護業界には腰に負担のかからない介助方法などいくつかありますが、完全に腰痛を予防する事は難しいと思われます。

 

腰痛は慢性化してしまう事がある。


一度でも腰痛を発症してしまうと、今後繰り返し痛みを伴い悪化する可能性は否定できません。

私がかかりつけの先生は、特に年を重ねると重症化する恐れがあるでしょう…

と言っていました。

まだ腰痛をお持ちでないのであれば酷くなる前に是非対策をして頂きたい!

 

腰痛予防

ネット上などには腰痛対策として腰痛体操や基本的な腰を痛めない介助のマニュアル的なやり方などが沢山掲載されていますが、、

実際に現場に入るとかがんだり、中腰になったりする事が多いのでぶっちゃけ体操しても腰はいたくなるし私の場合、予防にすらなりませんでした。

 

排泄介助の際も、ベットを高くしないとかがんだり、中腰になってしまうんですが、日々時間に追われる業務の中でベットを高くしている時間も惜しい私は低床のまま介助しています。

腰が痛くならないように入居者のベットに膝を立てさせてもらっています。

(厳しい会社だと注意されるかも。。)

 

個人的にはコルセットやサポーター着用はおすすめです。

腰を痛めてからは就業の際は必ず着けるようになりました。

ただ、着けてる間はとても腰が楽なんですが、長時間着けて絞めつけていると血行が悪くなるのか?かぶれるのか?外した後、めちゃくちゃ痒くなりました。。

 

(着けると着けないのとでは腰への負担が大分違うので毎回使用してますが。。)

 

また、思い込みかもですが、コルセット使用していたらお腹周りのお肉さんが若干スッキリしたような気がしてます(笑)

 

腰痛が酷くなるぐらいなら職場を変えよう。

同じ介護職でも施設形態によっては、大分身体的に楽な施設もあるので職場を変えるのも良いかなっと思います。

そんな時は介護派遣がお勧めです。

介護が初めての方

人間関係が気になる方

ブランクで復帰が気になる方

収入面が気になる方

楽な施設に入りたい方

現在、私も介護派遣をしているんですが良かったら参考までに見てください。

 

kabukimonoo.hatenablog.com

 

 自分に合った施設を就業者目線で見つけてくれると思います。

無料相談もあるので気軽に相談してみて下さい。

因みに私は以前勤めていた会社のコンサルに給料面だけ!手取り30万以上稼ぎたいからどんな施設でも良いと希望を出した所、某大手の有料老人ホームを紹介され月給39万(総支給)稼いだ事がありました。
色々と問題はありましたが、、(笑)
そんな施設が希望の方は私に返事頂ければ紹介というか詳細はお伝えしますね(笑)


同業の方、これから介護を始める方これからも宜しくお願い致します。

何はともあれ、体が一番ですので無理はなさらないように。